• 株式会社ワンスレッド

人気クリエイターとコラボ!パパバッグ「クリエイターズモデル」11/3クラウドファンディングスタート


人気クリエイターとコラボ!パパバッグ「クリエイターズモデル」11/3クラウドファンディングスタート

子育て応援ブランド「papakoso(パパコソ)」を運営する、株式会社ワンスレッド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:半田真哉 はんだしんや)は、第12回キッズデザイン賞受賞の「パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ」の最新モデル、「クリエイターズモデル」を、クラウドファンディング「makuake(マクアケ)」にて11月3日(日)10時より、先行販売いたします。

パパバッグの新デザインは、人気クリエイターとコラボした3モデル。従来の「収納力」と、抱っこの補助としても使える「強度」に加え、さらに「デザイン性」がプラスされました。

パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ「クリエイターズモデル」

<先行販売特典プラン ※一部抜粋、価格は消費税込・送料込>

【限定各 3個】 超早割  20%OFF 12,320円~

【限定各10個】 早割   15%OFF 13,090円~

【限定各20個】 特別価格 10%OFF 13,860円~

【限定各30個】 家族割   5%OFF  14,630円~

【限定100個】 オリジナルトートバッグ 3,500円    など

■「パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ」の特徴

・平成29年度横浜市経済局SBIR販路開拓支援事業認定商品

・第12回キッズデザイン賞受賞(子どもたちを産み育てやすいデザイン部門)

「収納力」・・・必要な物が所定の位置に収納できる

哺乳瓶や水筒などを立てた状態で固定できる収納ベルト(意匠登録済)や、おむつやおしり拭きを入れるポケットなど、乳幼児との外出の際に必要な物を所定の位置に収納できるので、必要な時にさっと取り出しやすく、しまいやすい。

「強度」・・・抱っこの補助としても使える強度

独自の縫製方法やパーツの使用により、負荷のかかる部位において700ニュートン以上の強度を実現。体重15kgまでの子どもを抱っこする際の補助としても使える強度です。

最新モデル「クリエイターズモデル」クリエイター紹介

パパバッグ クリエイターズモデルは、papakosoのパパバッグに共感をいただいた3名のクリエイターがデザインを手がけたNEWモデルです。

●harupitogram(はるぴとぐらむ)

インスタグラマー/ブロガー/1児の母

harupitogram(はるぴとぐらむ)

神奈川県横浜市出身。息子出産後の2018年6月からInstagramで子育て動画の投稿を開始。約1年でフォロワーは7.5万人を超え、その発信力を生かし、子育てに役立つグッズやサービスをパパママに広めるべく活動中。

●ゆむい

イラストレーター/漫画家/ブロガー/2児の母

ゆむい

日本各地を転々としながら、5歳・7歳の兄弟を育児中。

著書:夫の扶養からぬけだしたい(KADOKAWA)、育児ブログ:ゆむいhPa

●小島大輔

プロダクトデザイナー/3児の父

小島大輔

大学で性感染症に関わる活動を国内外で行い、かながわレッドリボン賞を受賞。

在学中に起業し、桑沢デザイン研究所にてプロダクトデザインを修得。

写真や映像制作も得意とし、企業の製品開発のサポートも行う。

デザイン紹介

harupitogramデザイン/Hモデル(1カラー)

Hモデル/harupitogramモデル

テーマは「ファッション」。 比較的シンプルなコーディネートが多い パパさん達に、服装のアクセントになるバッグを。 パパと子どものお出かけはもちろん、家族とのお出かけ時にも“映える”バッグ。

ゆむいデザイン/Yモデル(1カラー)

Yモデル/ゆむいモデル

テーマは「公園へ行こう!」

パパバッグを持って、森と水と砂、子どもと遊べる公園に!

他のモデルよりマチをやや広くし、バッグの下にある「ゆむいポケット」には細身の折り畳み傘が収納できます。

小島大輔デザイン/Kモデル(3カラー)

Kモデル/小島大輔モデル

テーマは「アクティブ」。

カラーはインディゴ、ブラウン、ブラックの3色。子どもをもっと遠くへ連れ出したい、見たことのない景色を見せたい。

そんな、子育てを全力で楽しむパパを応援するバッグです。

型押しモデル/makuake限定仕様

型押しモデル/makuake限定仕様

既存モデルの中でも人気NO.1の「型押しモデル」。余ったベルトをスッキリ留められるベルトクリップが付属した限定モデル。

ブラックのシンプルなデザインで、使う人、服装を選ばず、出産祝いや誕生日プレゼントにも最適です。

スケジュール

2019年11月 3日(日)10時~ クラウドファンディングスタート

2019年12月20日(金)20時  クラウドファンディング申込締め切り予定

2019年12月22日(日)     お届け開始予定

2020年 1月31日(金)     配送完了予定

クラウドファンディングサイトmakuake(マクアケ)

https://www.makuake.com/project/papakoso/

子育て応援ブランドpapakoso(パパコソ) URL:https://www.papakoso.jp

子育て応援ブランド「papaksoo(パパコソ)」

“パパの子育てから、家族に笑顔を”

これが「papakoso」のモットーです。

パパが愛情を持って子どもと向き合うことで、子供の笑顔が増えます。

そして何より、パパとママが子育ての悩みや喜びを共有できることはとても素晴らしいことだと私たちは考えます。

子育て応援ブランド「papakoso」は、たくさんのご家庭にたくさんの笑顔が広がるよう、子育てを応援します。

papakoso 家族の時間プロジェクト

現在は共働き世帯が増え、仕事と家庭の両立について悩みを抱える家庭が増えていますが、家族で共に過ごすことができる時間は無限ではなく、とても大切な時間だと私たちは考えています。

そして、家族で共に過ごす時間は、コミュニケーションをはじめ、様々な悩みや喜びを共有し、笑顔や安心、信頼を育むことに繋がります。

まずは最小単位の社会である家族から笑顔を増やし、その輪を社会へと広げていきたい、この想いに共感していただける企業・団体・個人の皆様とのパートナーシップから、よりよいサービスや商品を開発・提供するとともに、働きがいと経済成長の同時実現を目指すプロジェクトが「papakoso 家族の時間プロジェクト」です。

神奈川県が立ち上げた男性×家事育児×オープンイノベーション・コンソーシアムをきっかけに当プロジェクトがスタートしました。

パパバッグクリエイターズモデルも「papakoso 家族の時間プロジェクト」の取組の一つです。

男性×家事育児×オープンイノベーション・コンソーシアム

神奈川県が立ち上げた、男性の家事育児がもっと日常的に、当たり前に行われる社会環境形成を目指すオープンイノベーション・コンソーシアムです。

「男性・家事育児」をビジネスの対象とする企業、働き方改革・女性活躍・男性社員の家事育児支援に取り組む企業、家事・子育てNPO、自治体などで構成されています。

事務局:かなテラス(神奈川県立かながわ男女共同参画センター)参画推進課http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0050/dki_consortium/index.html


42回の閲覧

Copyright © 2014 One Thread Ltd. All Rights Reserved

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Instagramの社会のアイコン
ヨコハマダディ
ヨコハマ・グッズ001

当社の「雑貨 横濱トラディショナルシリーズ」は、横浜のお土産や横浜市民にも愛される良質ブランドが揃ったヨコハマ・グッズ001に認定されています。