top of page

【リリース】8月8日のパパの日に特許査定!抱っこできるバッグ「だっこモデル+(ぷらす)SG(えすじー)」



子育て応援ブランド「papakoso(パパコソ)」を運営する株式会社ワンスレッド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:半田真哉)は、「パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ」シリーズの最新モデル「だっこモデル+SG(ぷらすえすじー)」に関する特許査定通知を特許庁より受領しました。


出願番号 :特願2021-128675 ※登録番号未付与

特許査定 :2023年8月8日




だっこモデル+SGは、哺乳瓶や水筒、おむつセットなど乳幼児とのお出かけの際に必要となる子育てグッズが収納でき、バッグに内蔵された乳幼児用の背あてや落下防止ベルトなどを取り出し装着することで、耐荷重 15キロの抱っこひもとして使うことができます。


バッグとしての品質基準はもちろん、一般社団法人製品安全協会が定める抱っこ紐の安全基準「SGマーク」の認証も受けており、ユーザーの皆様にはSGマークにより安全と信頼性をご確認いただけます。





男性の主体的な育児をサポート


2022年に育休法が改正され、男性の家事・育児に対する参画意識が高まっています。「だっこモデル+SG」を一人でも多くの方に知っていただき、多様な家族の在り方において、男性の主体的な育児をサポートし、夫婦で子育てを共有するための選択肢の一つになれればと考えています。


最新モデルの「だっこモデル+SG」を含むpapakoso(パパコソ)のパパバッグの全ては、第12回キッズデザイン賞(子どもたちを産み育てやすいデザイン部門)受賞商品となります。



パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ「だっこモデル+」特長


≪ボディバッグが抱っこひもに変身!シーンに合わせて使い分け!≫

(特願2021-128675)


アウトドア素材を使用したボディーバッグが、あっという間に抱っこグッズに早変わり。

バッグに内蔵された背あて・ウエストベルト・落下防止ベルトを装着することでSGマーク認証の抱っこひもとして使用することができます。


≪子育てを計算したデザイン。収納物を整理整頓!しまいやすく・取り出しやすい!≫



約5.5Lの収納力で、哺乳瓶や水筒などの縦型の容器を固定収納できるベルトや、おむつやお尻拭きなど、乳幼児とのお出かけの時に必要なものを重ねずに収納できます。

抱っこひもと子育てバッグの2個持ちの負担も軽減します。


だっこモデル+SGはパパコソ公式WEBショップ、ハンズ横浜店、ビックカメラ(ビックFIRE特設コーナー)でご購入いただけます。


●取扱店舗


・オンラインショップ

パパコソ公式SHOP


パパコソ公式楽天市場店


・ハンズ横浜店5F バッグ売り場

神奈川県横浜市西区南幸1-3-1横浜モアーズ、JR「横浜駅」西口より徒歩1分


・ビックカメラ ビックFIRE特設コーナー

有楽町店、池袋本店、新宿東口店、新宿西口店、ラゾーナ川崎店、立川店、赤坂見附駅店、藤沢店、札幌店、なんば店、名古屋駅西店、名古屋JRゲートタワー店、天神2号館




閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page